H様邸完成 | 宇治市・城陽市・西京区桂の不動産はセンチュリー21穂高住販


ホダカのお知らせ ホダカのお知らせ- hodaka’s information -

穂高住販のイベントやお得な最新情報を
掲載しております。

穂高住販のお知らせ- information -

TOPページ > 記事一覧 > H様邸完成~パン工房が備わった趣味を活かした住宅~
  • 2016年12月10日

    H様邸完成~パン工房が備わった趣味を活かした住宅~

    ”趣味のパン作りができる家を建ててみたい”に応えた住宅

    パン作りが趣味と語るH様は、「週末限定オープンのパン屋さんを自宅で開く」という夢があったそうです。
    きっかけは住宅展示場に行ったとき。
    パン屋さんと自宅を一緒にしたいとそのとき思ったのだと、眩しい笑顔で奥様が教えてくれました。

    穂高住販との巡り会わせは、駅から近い「Hodaka Street宇治市役所前」の情報をホームページで見て「これだ」と思ったところからはじまったとのことで、そこからH様と穂高住販の家づくりが始まりました。

    外観

    木目調の外壁が可愛い外観で、向かって右の窓を開くとパン工房とつながっています。
    オープン時は立て看板を置いて、パンを販売しようかと計画中とのこと。

    右の写真はパン工房内の写真で、これから必要な機材を置いていくとのことです。
    どうなるのか今からとても楽しみです。


     

    玄関吹き抜け玄関吹き抜け2

    玄関に入ると吹き抜けがあり、すぐにパン工房のお部屋に繋がるようになっています。
    玄関に入ってすぐにパン工房をつくる案は工務部よりさせていただいたのですが、「私たちでは想像できなかったから嬉しかったんです」と完成後にお客様に言っていただけました。

    将来パン作り教室を開きたいという夢があると聞いたスタッフが、プライベートと教室の空間は分けた方が良いと提案して、玄関からすぐ工房につながる間取りに決定しました。

     

     

    LDKLDK

    「ポーランド食器が好き」というお話を奥様がコーディネーターの松葉へしていたのだそうです。
    そして生まれたのが、この青と黄色のコントラストが印象的なLDK。
    ダイニングの青いクロスは大久保店2階からインスピレ―ションを受けて選んだのだとか。

    因みに一枚板のカウンターは城陽工房にあった木材を利用しています。

    キッチンと洗面台

    相反する色彩でありながら調和がとれているキッチンの黄色と青いクロス。
    北欧を想起させてくれるキッチンは、見ていて元気がもらえるような爽やかさがあります。

    人気のモロッカンタイルが可愛い洗面所。色違いでトイレでもこのタイルは利用しています。
    バスルームは新作のアクセントパネルが美しく、どこかエキゾチックなモロッカンスタイルの洗面所とのバランスがとれています。

    お風呂

     

     

     

    WCL

    ウォークインクローゼットは約6帖の広々とした空間となっています。
    そして、隣接するところに主寝室があります。


    H様曰く「ホテルライクな寝室」という要望を言ったのだと旦那さんが笑って教えてくださいました。
    それを聞いたコーディネーターの松葉が間接照明を採り入れることを提案したのだそうです。
    実際完成した寝室は間接照明をつけるとクロスの絵柄が浮き上るゴージャスな仕様となっていて、「満足」と言っていただくことができました。

    ベッドを置いて、絵画でも飾ればホテルの一室と言われても全く遜色のないお部屋になったのではないでしょうか。
    西日が気になるということだったので、窓に遮熱シートもつけており、快適な生活間違いなしですね。

    主寝室

     

     

    洋室

    上の写真は2階の洋室です。
    天井クロスはアクアチタンを使ったもので、リラクゼーション効果があるため今当社でもお客様に人気のクロスです。
    天井を少し暗くすると、お部屋全体に落ち着きが出てきます。



    川床イメージのトイレ

    2階トイレのイメージはなんと「川床にあるお店のトイレで、テーマは”和”」だそうです。
    H様が「川床に行ったときに思いついた」ということで、赤いクロスと木目の天井が海外の方からイメージした日本のようだとH様や当社スタッフが盛り上がりながらつくったのだとか。

    「和室がないので”和”の要素が欲しかった」と語る奥様。
    それを聞いた担当コーディネーターの松葉が「1階の北欧のイメージと2階のトイレ。全く違うイメージのようでいて調和がとれているのは、どこか海外の方からみた日本的な要素と近かったからではないか」と応えていたのが印象に残りました。


    北欧とジャポニズムが融合、尚且つ趣味のパン工房がついた夢のつまった住宅が完成しました。

    プレゼントしていただいた手作りのクリームパンは、爽やかな風味のある美味しいパンでした。
    今後のH様の活躍とお店の将来が楽しみでなりません。

    ⇒H様お客様の声はこちらから

TOPページ > 記事一覧 > H様邸完成~パン工房が備わった趣味を活かした住宅~

ホダカのお知らせ

PAGETOP