カンボジアの開校10周年となる穂高小学校の様子が届きました! | 宇治市・城陽市・西京区桂の不動産はセンチュリー21穂高住販


ホダカのお知らせ ホダカのお知らせ- hodaka’s information -

穂高住販のイベントやお得な最新情報を
掲載しております。

穂高住販のお知らせ- information -

TOPページ > 記事一覧 > 開校10周年となる穂高小学校~現在148名の生徒と学び舎の様子~
  • 2018年8月9日

    開校10周年となる穂高小学校~現在148名の生徒と学び舎の様子~

    穂高住販が建設時からずっと支援しているカンボジアにある穂高小学校が、今年ではや10周年。

    学校のあるサムロンチェイ村の多くの子供たちが卒業し、現在も148名の生徒が学んでいます。
    そして、うれしいことに、中学校に進学する生徒も出てきたそうです。

    2018年の穂高小学校の様子

    ↑2018年6月穂高小学校にて

     

    ★chrickさんとの会話★

    10年前、小学校建設のために土地を提供してくれたchrick(チュラッ)さんに、またお話しを聞くことができました。

    「子供たちや地域にとって良いことをしたくて、土地を提供することにしました」と昔を思い出して話してくれました。カンボジアでは、仏教の教えに基づき、公共のために所有物を提供することは善行の一つなのだそうです。

    昔を語るチュラッさん

     

    ★子供たちの様子★

    休み時間でも友達同士で教え合いながら勉強する姿が見られました。
    その甲斐あってか「次の学年に進級できる自信がある人?」と訊ねると、「はーい」と手を挙げてくれました。

    3年生のチャヤ君は「家に帰ってから、家の手伝いがない時は勉強しているんだ」と教えてくれました。
    努力の結果、彼は学校で2番目の成績をとることがありました。

    因みに、カンボジアは進級基準が厳しく、小学校でも落第があるそうです。

    手を挙げる子供たち

     

    ★学校の取り組み★

    校長先生が近隣の村人から少しずつお金を集めて、学校の周囲に柵を建てる計画を進めていました。
    子供たちの遊び場に、牛などの家畜が入ってこないようにするためだそうです。
    先生や子供たちの家族だけでなく、近隣住民による支えもあり、穂高小学校は10周年を迎えたのです。

    そして今回穂高住販は、教室が雨漏りして水が貯まってしまう状態であるため、雨漏りがする後ろ側半分の屋根の全面改装を支援することが決まりました。

    これからも子供たちが授業に打ち込める環境づくりを支援していきます。

TOPページ > 記事一覧 > 開校10周年となる穂高小学校~現在148名の生徒と学び舎の様子~

ホダカのお知らせ

PAGETOP